一生自分の歯で食べるためにできること

一生自分の歯で食べるためにできること

一生自分の歯で食べるためにできること

一生自分の歯で食べたい。

 

そのためにはどんなことに気をつければ良いのでしょうか。

 

歯がいくら丈夫でも、
歯茎ケアを怠っていると根元から抜け落ちてしまうことがあります。

 

私の歯はほんのり黄色で、
見た目には真っ白な歯のような美しさはありません。

 

しかし、強い歯というのはほんのり黄色い歯なのです。

 

私も歯の強さには自信があるのですが、
歯茎は弱いことを歯科で指摘され自覚しています。

 

だから、お風呂に入って歯を磨いた後、
(私は湯船に漬かりながら磨きます)そのまま湯船で清潔な指で歯茎を優しくマッサージしています。

 

たまには歯茎用の薬剤を指で塗りこむこともありますが、
基本的には何もつけずにやさしく円を描く感じで血行を良くするようにしています。

 

自分の歯茎を見たことがありますか?

 

特に喫煙の習慣のある人は歯科で見ると歯茎が黒くなっている人が多いです。

 

歯自体も熊本市 歯科で見ると特に裏側はニコチンで真っ黒なことが多いものですが、
それよりも問題は歯茎が血行が悪くなって真っ黒になってしまうことです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME こんな病院はイヤ! 安心できる医師 検査技師も重要 説明足りてますか? 本当に手術は必要?