レーシックのための正しい病院選び

本当に手術は必要?

本当に手術は必要?

レーシックは、手術による視力回復法である為、利用者の状態によっては手術を受けることが出来ません。

 

手術を受けることが出来ない主な理由としては、感染症になる危険性が高い場合や、レーシックによる効果が低い場合や期待出来ない場合などです。

 

その為、手術の前には入念な検査を行い、手術に適合するかどうかをチェックします。

 

例えば、円錐角膜やアレルギー性結膜炎、強度のドライアイ白内障・緑内障・網膜はく離など、眼の病気がある場合には、レーシックの手術が受けられないとされています。

 

あなたがレーシックの手術を受けるために検査を受けた際に、重い目の病気があったにも関わらず、レーシックの手術を勧める医師だったとしたら、その意思を信頼することができますか?

 

医師との信頼関係は治療を受ける上で非常に重要となってきます。

 

自分にとって不安を与えたり、不利益を与えるような医師では、大切な自分の身体を任せることはできないのではないでしょうか。

  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • No Match Data!


    ホーム RSS購読 サイトマップ
    HOME こんな病院はイヤ! 安心できる医師 検査技師も重要 説明足りてますか? 本当に手術は必要?