レーシックのための正しい病院選び

安心できる医師

安心できる医師

あまり知られていないことですが、実は日本の法律では、レーシック手術を行うのに特定した医師の肩書きを必要としていないのです。

 

極端なことを言ってしまえば、医師免許を持っていれば、産婦人科の医師でも歯科や内科の医師でもレーシックの手術ができてしまう、ということ。

 

そのため、今現在においても、「レーシック専門医」や「屈折矯正専門医」等といった、実際には存在しない認定医資格の肩書きを表記して治療を行っているクリニックもあるのです。

 

レーシックの現実問題として、そのような病院で治療を受け、重たい合併症を引き起こしてしまうケースも後を絶ちません。

 

しかし、”特定した医師の肩書きを必要としていない”とは言っても、なんの基準もないというわけではありません。

 

日本眼科学会から認定された「眼科専門医」という資格がありますので、レーシックの手術を受ける際にはこの資格を掲げている専門医がいるクリニックを選ぶようにしましょう。

 

レーシックは機械を使用して行う手術のため、医師の腕は関係ないと考えている方が多くいるようですが、そんなことはありません。

 

手術において多くの実績があり、手術を熟知した眼科専門医のいる病院を選ぶことによってリスクも最大限に押さえることが可能になります。

  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • No Match Data!


    ホーム RSS購読 サイトマップ
    HOME こんな病院はイヤ! 安心できる医師 検査技師も重要 説明足りてますか? 本当に手術は必要?